ほーむ > まりっじ > プチギフト

プチギフト

お見送りの時に、プチギフトは絶対渡そうと決めてました。
ちっちゃいギフトは何だか嬉しいし、そうする事によってたった一言でもゲストの方全員に直接お礼が言えると思ったから。
ドラジェは王道だケド、いろいろ調べるうちにやっぱりステキなお菓子だったので、ドラジェ+クリスマスにちなんだ小物を・・・と考えました。

市販品もカワイかったんだケド、せっかくなので自分でラッピングしようと、打ち合わせで都内へ出た時にラッピングの問屋シモジマへ買い出しに。
ミニツリーでもつくろうかなと思ってたら、カワイイミニリースがお手頃価格で売られてたので即決!(写真右)
まとめ売りのドラジェは4色だったので、奇数の3色を個包装。
台紙のダンボール紙は、リースの台紙をそのまま流用。(笑)
自宅にあったストックの綿を雪に見立ててラッピングするコトに。
リボンは白地に赤文字で「MERRY CHRISTMAS」と、とことんクリスマスにこだわりマシタ。
すると・・・ココで問題勃発!!
裏表のあるリボンなので、文字がキレイに出てこない!!
そこでネット検索で見事問題解決。 ネットって素晴らしい・・・!
ちなみにチュールカットは、衣装合わせで実家に帰省した際に母上にお願いしました。(笑)
メッセージカードは透かしの水玉模様の紙に、手書きのメッセージをコピーしてシールでデコレーション。
ゲストの人数分+10個程作ってたので、両親や介添え、カメラマンの方等、そばにいた方全員に渡すコトが出来ました。

~メッセージ内容~

本日は私たち2人のために 大切なお時間をいただき どうもありがとうございました
ほんのちょっぴりですが「幸せの種」 (ドラジェ)のおすすわけです
どうかHAPPYなX'masが 訪れますように... ガースケ&パン吉

~ドラジェMEMO~
ドラジェとは、フランス語で 『 幸福の種 』 という意味です。
紀元前177年、ローマの貴族ファビウス家に子供が生まれ、町中の人々に御祝いとしてドラジェを配ったのが、ヨーロッパのドラジェのはじまりです。
イタリアのドラジェは、5粒入りが一般的で、
それぞれ「幸福」「健康」「富」「子孫繁栄」「長寿」を表します。
日本では3粒、5粒、7粒入りでよく使われます。
ちなみに、イタリア語では"コンフェッティ"、英語では"シュガーアーモンド"。

*材料購入先*
シモジマ(ミニクリスマスリース、アーモンドドラジェ)、 Tokai(ソフトチュール)、 中村産業(ビニール袋、リボン)、OYAMA(紙)

*材料費*
ミニクリスマスリース(12個入)¥1,260×7、アーモンドドラジェ ¥3,307×2、 ソフトチュール ¥403×4.2m、ビニール袋 ¥115、紙 ¥11×11、リボン(ロール)¥743
合計 ¥18,106 (1個あたり ¥216) ≪会場に頼んだ場合 ¥300×84=¥25,200≫ 節約出来た金額 ¥7,094

ほーむ > まりっじ > プチギフト

Search
Feeds

Return to page top