ほーむ > おでかけ > 北海道・東北 > 北海道 > 北一硝子

北一硝子

余市リベンジは無事完了。
今度は小樽リベンジのターン。

前回、人力車に乗ってメインの運河、北のウォール街を案内してもらって、ルタオパトスで生ドゥーブルフロマージュを食べてるところで呼び出され...。
北一硝子の「き」の字にも触れるコトなく帰宅したので今度こそ...!

北一ヴェネツィア美術館

さっぱり興味のないガーちゃんを引っ張って、まずは北一ヴェネツィア美術館から。
ミュージアムショップにあるゴンドラと、有料フロアにあるゴンドラはやっぱり装飾が全然違う。
さすがはチャールズ皇太子&ダイアナ元妃が乗ったというだけあるねー。

衣文化体験コーナーがすっごく気になりつつも、2階3階5階と見て廻ってるうちに、ガーちゃんの魂が抜け始めたのと、北一硝子の閉館時間が近付いて来たので途中から駆け足気味で。

ガラスショップ巡り(?)

その後三号館を覗く。
いろいろあり過ぎて半分も見れてないとは思ったけど、どうやら三号館ですら和のフロアしか見てなかったらしい。

美術館の入館料が1人700円だったから、駐車料金2時間無料にするべくあと600円...と思いつつ店内をうろうろ。
(合計金額2,000円以上で特約駐車場2時間まで無料)
アウトレットも覗いてみたけど「コレほしい!!」ってのがなくて、結局ラベンダーのお香を購入。

ガラスショップでお香て!小樽でラベンダーて!!(セルフツッコミ)

「あってもいいけど、なくてもいいなー」位で、(あくまで私の)好みのツボを突くモノがなかった...。(イイワケ)←誰に?

image

で、帰って来てこうして旅行記をまとめようとしてハタと1枚も写真がないコトに気付く。
(ので、買ったお香とパンフレットでお茶を濁す:笑)
美術館内は撮影禁止だったし、あとはショップばかりだったし。
せめて外観写真だけでも撮っておくべきだった。ザンネン。

北一硝子

  • 住所/北海道小樽市堺町7-26
  • TEL/0134-33-1993
  • 営業時間/8:45〜18:00
  • 休業日/年中無休
http://www.kitaichiglass.co.jp(公式サイト)

 

同一テーマの記事一覧

#余市&小樽リベンジついでに円山動物園関連記事

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

http://pankichi.com/mt/mt-tb.cgi/2517

ほーむ > おでかけ > 北海道・東北 > 北海道 > 北一硝子

Return to page top