ほーむ > おでかけ > 北海道・東北 > 北海道 > 札幌市円山動物園

札幌市円山動物園

小樽&余市リベンジ旅行総仕上げ、円山動物園のシロクマベビー!
のことを書こうとして8割方仕上げて下書きに残したまま1年以上経過してました。てへ。

「さぁ続きを書こうぞ」と思いたち、いつものごとく下調べしつつ記事を準備してたら・・・まぁ見事にこの動物園次から次へと動物が死亡してるね?大丈夫??と。

▼どうも大丈夫じゃなかったらしい
円山動物園の死亡メスマレーグマは「見殺し」 「オスの暴行場面」動画で園への批判も : J-CASTニュース

で、当時のままの素直な気持ちで旅行記が書けなくなってしまったので、前書きっぽく記してみる。
そして補足文章も足してみる。
こういうことがあるから、やっぱり早めに旅行記はまとめないとねー。←(現在2016.9.30)

---------------------------------------------------------------------------------------------------

今回札幌まで来た理由は円山動物園。
旭山の次に行ってみたいなーと思いつつも時は流れ・・・。
そうこうしてるうちに、しろくまの赤ちゃんが生まれたというではないですか!
うかうかしてるとコグマじゃなくなってしまう!というコトで今回の旅程に組まれました。

顔出しパネルを見るとつい・・・

image

今日は一日動物園という、ゆったりスケジュール。
朝ゆっくりだったので、到着したのは10時半頃。
第一駐車場に車を停めて入園してみたら、そこは西門だった。

入園早々に顔出しパネル発見!
見つけたら顔をハメずにはいられない病気です。(笑)
(そういえば昔Qoo大スキだったなぁ・・・)

入り口周辺のアフリカゾーンは現在工事中。
2015年秋にオープン予定だそう。


アジアゾーン・寒帯館

アムールトラ。

image

寝てる。

ユキヒョウ。

image

起きてるけど動かない。

夜行性動物は、昼間の動物園だとやっぱりおもしろくないねぇ。
いつか夜の動物園イベントに行ってみたい。

写真はどちらか分からないけれど、アムールトラのタツオはこの翌年死亡。

アジアゾーン・高山館

レッサーパンダ。

image

薄切りリンゴもらって美味しそうに食べてた。かわゆし。

アジアゾーン・熱帯雨林館

マレーグマ。

image

短めの毛に、このちんまりした耳がたまらなくカワイイ。

このコが虐待死したウッチーだったのかな?
確かにこの時も取っ組み合いのケンカしてた。

マレーバクとコツメカワウソ。

image

このあとマレーバクのトーヤも死亡してた。
コツメカワウソのずんだが死亡した旨の張り紙があったのはこの時なんとなく覚えてる。

は虫類・両生類館

アルダブラゾウガメ。

image

昔カメを飼ったコトがあるからか、割とスキ。

アルダブラゾウガメのウメも今年死亡。

ガビアルモドキ、サイイグアナ、マダラヤドクガエル。

image

ぷかーんと浮かんだ姿が妙に愛らしいワニ。たぶんガビアルモドキの方だったと思う。
それとフィギュアみたいな水玉のカエル。
カエルもカワイイと思うけど、ぴょんとこっち向かって飛ばれるのはニガテです。

総合水鳥舎

フンボルトペンギン。

image

円山動物園にはフンボルトしかいないらしい。ペンギン好きとしてはザンネン。

記念撮影

image

最近どこでもよく見掛ける写真サービス。
手持ちのカメラでも撮ってくれるけど
「見て気に入ったら買ってねー」
の有料写真も一緒に撮るってヤツ。

せっかくだから買おうかな...と思わせるにはチョット値段設定高いよね。(ただのケチ?)

しかもデジタル管理してる中に妙に扱いに困るアナログ写真。
スキャンしてデジタル保存しても、原本の扱いにやっぱり困る。


世界の熊館

ホッキョクグマ。

image

いそいそとララ&こぐまを目指してみたけど、寝室に入ったまま出てこない。
仕方ないので(←)お父さんのデナリを見て先に別のコーナーを廻るコトに。

海獣舎

八重桜とゼニガタアザラシ。

image

ちょうど満開だった牡丹桜とアザラシのうらっかわ@花びらつき。
近すぎてフレームいっぱいいっぱいの図。

熱帯鳥類館

オニオオハシ。

image

近くまで飛んできたりする。
そして定期的に人工スコールが降る。楽しい。

熱帯動物館

マサイキリンとグラントシマウマ。

image

驚いたことにマサイキリンのナナコと、グラントシマウマのスモモと飛馬も死亡。
これはかなり異常。

至る所に手作り顔出し看板

園内あちこちで見かける手作り感溢れる顔出し看板。
お好きな人にはタマラナイ。
が、レア感が薄れてるような気がしなくもない。
そして地味にポージングがしんどい位置にある顔出し。
あ、子ども向けだからか!
ユーモラスなトーテムポールも一緒にどうぞ。

image

他の動物もいろいろとカメラに収めてたけれど割愛。
檻越しだったりピンぼけだったり今以上に写真がいまいちだから。
なにより1年以上前の記事の続きを書こうとしたらめんどk...いえ、なんでもないっす。

いまいちだったりめんどkした写真も、いろいろ調べていくうちに哀悼の意を込めて一部掲載することに。
なんとも言えない気分になったと思うので、最後お口直しにこぐまをどぞー。

こぐまの出待ち

最後はホッキョクグマの一般展示終了時刻が来てしまう前に、腰を据えてこぐま待ち。
日も傾いてきてかなりさぶい。。。
正確な記録がないけど30分位待った頃・・・。

キタ――――(゚∀゚)―――― !!!!

( ゚∀゚)o彡゚こっぐま!こっぐま!

image

ちょろ〜っと出てきて、あっちゅー間に帰っていきました。
その間2分!(短っ!)

その様子を動画でもどうぞ!
うっかりiPhone縦で撮影して、アップするときにトリミングしたので画質粗めです。(=△=)

しろくまだらけの戦利品

image

22時前頃、1泊2日の余市&小樽リベンジついでに円山動物園旅行から無事帰宅。そして定番の戦利品撮影。

円山動物園のしろくま(ピリカ)グッズ、シンプルでいてのほほんとしたデザインがツボなのです。
お菓子あまり食べなくなったくせに、完全に缶欲しさに購入。
そしていまだに入れるものが特にない。(笑)

それから缶バッジと、ペンギンのクリップ。
イワトビペンギン、キングペンギン、フンボルトペンギンの3種入り。かわえー。

コーヒーとパックは友だちへのお土産用。
そして購入金額クリアしてGETした手作り感満載のカレンダー。


札幌市円山動物園

  • 住所/北海道札幌市中央区宮ヶ丘3番地1
  • TEL/011-621-1426
  • 開園時間/【2〜10月】9:00~17:00(最終入園16:30)【11〜1月】9:00~16:00(最終入園15:30)
  • 休園日/12月29日、30日、31日
  • 駐車場/あり(有料)
  • 入園料/大人(高校生以上):600円、小人(中学生以下):無料

 

同一テーマの記事一覧

#余市&小樽リベンジついでに円山動物園関連記事

動物園関連記事

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

http://pankichi.com/mt/mt-tb.cgi/2521

ほーむ > おでかけ > 北海道・東北 > 北海道 > 札幌市円山動物園

Return to page top