ほーむ > れびゅー > 映画 > 日本映画 > さよなら渓谷

さよなら渓谷

さよなら渓谷
4つ星

TSUTAYA会員更新時の特典(DVDレンタル全品100円)でレンタル鑑賞。
ずっと気になってたけど、どうもガーちゃんは気乗りしないようだったのでひとりで。

あらすじを読んだ時から「なぜ?」と疑問が残ってた部分は観賞後納得。
評判通り重ための内容だったけど観てよかったと思える作品。

ココからはネタバレになってるので、これから観る予定の方は注意!

既に見た方は白文字にしてあるので、反転して読んでください。(Ctrl+A)

「かなこ」と名乗るようになったシーンが印象的で、とても合点がいくものだった。

(印象的と言えば、渡辺が妻との距離を縮めるシーンもスキ。そういうの大事)

ずっとそばにいると、やっぱり情って移るものなのかな。
心の底から憎くて絶対許したくない男であるはずなのに、皮肉にも段々とその隣にいる事が居心地よくなっていく...。
夏美の過去を思うと、幸せになりそうだったんならそのまま幸せになればよかったのに...と思う反面、俊介と共に行きて行く事を選べば、一生辛い過去を1日たりとも忘れることが出来ないままなんだなーとも思う。

俊介はラストどう答えたんだろう。
夏美と出会う過去を選んだんじゃないだろうか。
そうでないと今の自分を否定する事になるし、所詮加害者側だしな...。

この奇妙な同居生活を経る事によって、夏美が幸せな未来へと歩を進める事が出来ますように。

さよなら渓谷公式サイト

Comments:0

Comment Form

Search
Feeds

Return to page top