ドリームワールド

2005年12月23日 2019年7月16日

昨夜買ってきたマンゴーとパン、それからホテル備え付けのコーヒーで、今朝は部屋でブレックファースト。
実は昨日、ブリスベンからのバス移動中にツアーガイドのヒトが教えてくれた情報だったりします。(笑)
地元スーパーマーケットのショッピングも味わえるし、何より節約に!
デモ、それ以上にマンゴーが大きくて美味しくて・・・!コレはハマりマス。

念願のコアラ抱っこ

10:50 ホテルロビー出発

オーストラリア最大の(?)メイン!それはやっぱり、コアラと触れ合うコト!!
コアラ絡みのオプショナルツアーは数あれど、その中から選んだのが「動物たっぷり!コアラワールド観光」。
オーストラリアで最大且つ、最高の人気を誇るテーマパークであるドリームワールドで、コアラをはじめオーストラリアで見るべき動物をすべて見ることが出来、更には触れ合い、写真も撮れるツアー。
それも、ドリームワールドが最大の野生動物保護公園の1つに数えられている為だそう。

(↓)まず最初は、念願のコアラ抱っこ。見よ!このコアラのやる気の無さっぷりを!!(笑)
毛が硬いと聞いてた割に想像以上のやわらかさで、時間が短いとはいえ至福のときを過ごしました。(゜∇゜* ポワ~ン

コアラ抱っこ

カンガルーはオヤジくさかった(笑)

パラダイスカード提示でもらえるカンガルーのエサを手に、カンガルーのたむろしているエリアへ。
暑いせいか、それともエサなんてもらい飽きてるせいか、全くもって見向きもしてくれないカンガルーたち。
寝そべっているカンガルーの口元に持って行ってやっと、気が向いたら食べてくれるという程度。
「ごはんちょうだ~い♪」ってピョンピョン集まって来てくれる・・・なんてのは夢のまた夢なのね・・・。(T∇T)

カンガルー

コアラクルーズの出発地点まで移動しながら、途中アイスクリーム・パーラーへ立ち寄る。
スゥイーツがやたら甘いのはもう十分思い知ったので、パン吉はマンゴーフレーバーをチョイス。
あまりの暑さに、出発地点に到着する頃にはドロドロ溶け出しちゃいました。(><)

仲良しアリゲーターカップル(?)
写真は移動中に見かけた、仲良しアリゲーターカップル(?)。
ピッタリと頭を寄せ合う姿が何だかかわぅいv


13:15 JTBコアラクルーズ出発

外輪船でカワイイコアラと一緒にクルージングする、JTBのツアー客だけの為のコアラクルーズ。
世界最大のコアラ(笑)ケニーとベリンダがお見送りしてくれます。
そんなでっかいコアラより、ホンモノのコアラにもうメロメロ。(笑)

ケニー&ベリンダ

ゆっくりと池の中央に浮かぶ小島の周りを一周。

黒い鳥
←池は・・・見ての通りきちゃないっす。(苦笑)
そんな茶色い池で泳ぐ、名前の分からない黒い鳥。
いつもはキレイなのカナ?この池。
それともきちゃない水がスキなのかね?

JTBコアラガーデン

13:30〜14:10
お次はJTBツアー客だけの為のコアラガーデン。
看板案内を出していたにも関わらず、一般のお客さんが何度か迷い込んで来てました。(^-^;
コアラだけでなく、オーストラリアで見られるさまざまな動物と写真撮影をしたり、動物によっては触れ合ったり出来マス。

くろこだいるとガースケ

まずはガーちゃんから、赤ちゃんワニと触れ合い記念撮影♪
赤ちゃんと言えど、さすがはクロコダイル。
口を縛られてるのに、力強く体をしならせ威嚇。


それから、コアラよりもカンガルーよりも更にやる気のないウォンバット。
お姉サンの膝におぴっこ垂れるってどうよ?(汗)
フクロウは触るのはNGだったケド、ヘビはOKだったので試しにおさわり。(笑)
意外とサラッとしてて、チョット新発見。(@@

オーストラリアの動物たち

アトラクションにも乗らねば

ひとつ位はアトラクションに乗らないと!というコトで、何だか妙ちくりんなトカゲの親戚を目の端に、一番遠い(笑)サイクロンへまっしぐら!

みょうちくりんなトカゲ
なのに、方向音痴夫婦は迷うまよう。
何とか時間内に辿り着きノルマ達成!(笑)

あっという間にツアーは終わり

15:00 ドリームワールド玄関前出発

あっという間に時間は過ぎ去り、ホテルへ向かう時間。
えぇ〜!?たったこんだけ??往復の移動時間込みで4時間・・・。み、短すぎる。
このツアーは本当に動物メインのツアーなのね。
超高層絶叫マシン、ジャイアント・ドロップ(↓写真左)はハナから乗る気なかったケド、もちっと遊びたかった、残念。
ドリームワールド


動物たっぷり!コアラワールド観光
大人$120

追記

当時の営業時間は9:30~17:00でした。

Dreamworld